AX
おさかな撮り~水中写真ログ~
osakanalog.exblog.jp
Top
<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 30日 |
こんばんにゃ。ミズタマハゼです。
c0064907_22344461.jpg

もちょっと南の島には仲間もいっぱいいるんだけど、ちょっと黒潮に乗って遊んでたらココに着いちゃった。
結構居心地い~んだ。
でも最近おっきい黒いなんかに指差されて以来眩しい思いをすることが多い。クラクラ。
でもっ一番楽しいことをしているときはあんまし気にならない。(ことはないよね、ごめん)

それはこんなとき・・・
[PR]
by osakanadori | 2005-09-30 22:54 | 水中写真 |
2005年 09月 29日 |
ちょっとお上品に微笑んでみました。
紅を差した女の子に見えます。
以前UPしたときにはミッキーみたいといい。今回は女の子みたいと言い。
おんなじ子でもほんとに表情がゆたかなんですよね!
c0064907_1383054.jpg

うふふ
[PR]
by osakanadori | 2005-09-29 01:40 | 水中写真 |
2005年 09月 28日 |
8月の奄美の写真を続けます。
そろそろ終わりも近づきつつありますが・・・。

今回の課題にクサビライシにちっちゃいおさかな、というのがありました。

クサビライシは線が印象的なので角度によってはおもしろい感じで撮れたりします。
c0064907_1273016.jpg

流れがある感じが気に入っています。
[PR]
by osakanadori | 2005-09-28 01:29 | 水中写真 |
2005年 09月 25日 |
ただいま~。今朝柏島から戻りました。
姪っ子が来ていたので一緒に遊んだ後、
『雅匠 彩々展』というグループ展の最終日に撤収のお手伝いを兼ねて行って来ました。

終了時間近くに行くと、陸の写真屋さん店長が
「osakanadoriさん、あのポジ返却したっけ?」
「はい、わたしが持っていますけど」
「また持ってきてください。売れました。」
「へ?」

な、なんと、「譲ってほしい」という方が現われたとか!!
・・・びっくりです。
でも一人でも誰かのこころに響いた、それがとても嬉しくて。
自分でもとってもお気に入りの写真だったからますます嬉しかった!
HPでもblogでもUPしたことのある写真です。何度もUPして申し訳ないのですが・・・。

c0064907_23124967.jpg

↑ほぼ半切の比率で切り取りました。

・・・どこかで飾ってもらえるんだね。よかったね。
[PR]
by osakanadori | 2005-09-25 22:29 | 水中写真 |
2005年 09月 22日 |
柏島へ行ってきます!
いっぱい撮るぞ!

台風・・・来ないでね。

c0064907_19352297.jpg

[PR]
by osakanadori | 2005-09-22 19:35 | つれづれ |
2005年 09月 20日 |
と呼びたくなるハゴロモハゼ。
見ているだけで「あ~イイモノ見てるなぁ、わたし」って思うことのできるおさかなです。
やっぱり夏はいい!!!
GWのころとはまた違う色、活動、水の明るさ!

c0064907_21455613.jpg

また会えて嬉しかったよ。
デリケートな環境に棲むおさかなだからこそ会えたヨロコビを忘れずに・・・。
[PR]
by osakanadori | 2005-09-20 21:48 | 水中写真 |
2005年 09月 19日 |
タイトルに困ったらこれですね。ラクチン♪
さて、新しい写真もまだ少しありますが、バリエーションもあります。
今日はアカネダルマハゼの「ちっこいのはわかるけど写真もちっこすぎるぞ!」写真です。
でもかわいいから気に入っています。
c0064907_23414954.jpg

あまり枝先には出てこないアカネダルマハゼ。
でもちっこいうちはときどきこうやって枝先に出てきてくれます。
大人になると枝の根元でしかもそっぽ向いてしまいます。
いつも「そ、そんないやがらんでも・・・」と一人ごちています。
[PR]
by osakanadori | 2005-09-19 23:41 | 水中写真 |
2005年 09月 17日 |
この写真を見て派手なハゼやなぁ~っていう人はきっといないのでは?
しかしながら地味か派手かというのは人の主観であって、その判断が果たして正しいか正しくないかという問いに対しては答えがないわけで。
あれ?今日はなにか別の人が出てきて書いてる。

まぁいいか。

話を戻して。
ハラマキハゼです。
c0064907_15271024.jpg

一見地味ながら実は美しい色彩を身にまとっているのよ系(長い)だと思います。
この写真はストロボもちゃんと当たってないし肝心の鰭は閉じているし失敗なのですが、
少しだけその「一見地味ながら・・・(以下省略)」系の片鱗がみえているのではないかと思っています。
臀鰭の青い線。閉じているけど背鰭に見える様々な色。これが開いたら・・・。と思うとまた撮りたいよ~と思わずにはいられません。
ほんとにそんなにキレイなのかな~と思われる方は『日本のハゼ』平凡社 第一版のP.372を見てみよ!!(えらそ~)
それにしてもこの本はハゼの写真の出来ばえのしきい値を間違いなく上げてしまいましたよね。
でも逆に考えれば高い目標を作ってくれた、とも言えると思います。

みなさん、めげずにハゼをキレイにたくさん撮りましょうね♪
[PR]
by osakanadori | 2005-09-17 15:28 | 水中写真 |
2005年 09月 15日 |
斜面の下からゆるやかな勾配を見上げると、ふわふわと浮くヤノウキホシハゼの群れ。
時間の流れまでもゆっくりに感じるほど穏やかにホバリングしている姿を眺めるのが大好きです。
いつも見とれてろくに写真を撮れていなかったので、今回はちょっと眺めるのはやめて
ファインダーに集中してみました。
c0064907_22502314.jpg

色合いは渋めながらまさに星のようにちりばめられたブルーの斑点が輝いています。
とっても好きなハゼのひとつです。
[PR]
by osakanadori | 2005-09-15 22:53 | 水中写真 |
雪原
2005年 09月 15日 |
あったかい南の島のあったかい海のなかに雪原がありました。
そこにはひとつの決意を秘めたちいさな生き物がいました。
真っ白な雪の中に咲く大好きな黄色いお花の横で大きな深呼吸をした後、
ゆっくりと一歩を踏み出しました。

c0064907_1201045.jpg


イシガキカエルウオくんの旅立ち。
こんな絵本はダメですかね~?(笑)
[PR]
by osakanadori | 2005-09-15 01:25 | 水中写真 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon