AX
おさかな撮り~水中写真ログ~
osakanalog.exblog.jp
Top
カテゴリ:水中写真( 438 )
|
|
2005年 03月 04日 |
ともだちの愛息Kくんが『おさかな撮り』HPトップのこの子を見るたびに
「かぁいぃかぁいぃ(かわいいかわいい)」と言ってると聞いてとっても嬉しいわたし。

今一番うれしいことは写真を褒めてもらうこと。

無垢なこころに少しでも響いたかと思うとさらにうれしい。

「かじゅくん、ありがとね。またあそぼね。」

c0064907_22451570.jpg

[PR]
by osakanadori | 2005-03-04 22:49 | 水中写真 |
2005年 03月 02日 |
あゆみが梅の写真に"浪漫チック"というコメントをつけてくれました。
ロマンチックではなく浪漫チックというのが気に入って、
浪漫チック浪漫チックと繰り返していたら、
写真を言葉からの連想で選んでみたくなりました。

c0064907_15445718.jpg

これはウミウシという生き物の卵。ふた抱えほどの岩のてっぺんに咲いていました。
流れにたなびくその姿はたっぷりのレースで作ったカーテンのようでもあります。
すきとおった風に震える透明な桜色のダンテル。(宮澤賢治風・・・でもないか)

美しさに対してだけではなく、大切な卵をこんな色彩に仕上げてしまう
海の生き物の生き方に対しても"浪漫"を感じます。

そしてこんなに美しくする必要があったのか、ということにも思いは巡ります。
人目につかない岩陰にひっそりと咲く高山植物のイメージ。
あまり見られることのない場所に美しく存在するいきものたち。

c0064907_16485987.jpg

こちらは高山植物からの連想です。
岩肌に低く可憐な花を咲かせている。

海の中ではタタミ一畳の中にこんな風景が同居していることも珍しくありません。
じっくり見れば見るほどいろんなものが見えてきます。
おさかなを撮るのが一番好きですが、イメージ写真を撮るのも楽しい。

ゆるりと連想をめぐらすのもなかなか楽しかった。
連想シリーズ、次回はどんな言葉から始めようかな。
ってなんだか勝手にシリーズになってます(笑)
[PR]
by osakanadori | 2005-03-02 22:40 | 水中写真 |
表情
2005年 02月 21日 |
おさかなを撮っていて楽しいのは、魚にも表情があるからだ、と思う。


よく覇気のない人の目を「魚のような目」と例えるけれど
あれはきっと、絞めたあとの魚の目を指してるんだろうな。
海の中で自由に泳ぐおさかなたちの目はきらきらと輝いているんだもの。
一度見たらあんな比喩絶対に使えない。

ダイビングをするまでは魚に表情があるなんて思ってもみなかったけれど、
あるんですよねぇ。
しかもたやすく人間の感情に当てはめられるような表情をする。

びっくりしたり、おどおどしたり、気持ちよさそうにしたり、えらそうにしたり。
ファインダー越しにそんな表情が見えると思わずにっこりにこにこ。
おっと、にやけてる場合ではない、撮らなきゃ、みたいな感じになってしまう。
c0064907_2284129.jpg

威嚇
「来るな~」

---ほんとに攻撃されました

c0064907_2304915.jpg

好奇心
「なにしてるんだろ」

---ヘラジカハナヤサイサンゴの合間からちらり

c0064907_2292714.jpg

驚き
「なんかおっきいのきた!」

---この子は2cmにも満たないちっちゃな子



おさかなの表情を撮れるようになりたくて等倍のレンズをつけています。
ちっちゃな子たちも撮れるように最近は2倍テレコンもつけました。

いい表情が撮れたらまたUPしよ~っと。


いっぱいかわいい表情が撮れますように。
[PR]
by osakanadori | 2005-02-21 23:48 | 水中写真 |
2005年 02月 19日 |
ストック写真もそんなに多くないし、
『おさかな撮り』HPの特集「この1ショット!」をこちらでも見ていただけるようにします。
というと聞こえはよいですが、単なる横着。お許しを。

-----

タカクラタツ<2004年6月撮影 柏島 竜の浜>
c0064907_236598.jpg


More
[PR]
by osakanadori | 2005-02-19 16:59 | 水中写真 |
2005年 02月 15日 |
海の中で写真をとることが大好きになった一枚。
大きなうねりの中たまたまピントが合ったんだけど、かわいいよね。
この子の大きさは指先くらい。
じゃあ、目はビーズくらい?
c0064907_294531.jpg

[PR]
by osakanadori | 2005-02-15 23:33 | 水中写真 |
復活
2005年 01月 22日 |
水没してから約2ヶ月。
応援してくれたみなさまへ。

無事奄美の海にて復活を果たしました。

水没後、たくさんの人にアドバイスをもらったり、
励ましてもらったりしました。
ほんとうに嬉しかったです。
ありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。

さぁ、写真の出来はともかく、
また楽しくて仕方ないことができるようになりました。

2005年はいろんな海に出かけたい。
海外ダイビング、憧れです。実現させたいな。
c0064907_1482724.jpg

[PR]
by osakanadori | 2005-01-22 21:45 | 水中写真 |
2005年 01月 12日 |
”じゅうえんだまななまい”をしのぐスペーサー発見!
値段はつけられないほど・・・。

ハウジングのふたを開けるとやはりじゅうえんだまと布テの匂いが充満していました。
まるで手垢のついた古くさいキャンパス地の小銭入れを匂っているみたい。
そんな小銭入れ匂ったことないですが、なんせそんな感じ。
これはいかんと深く複雑な試行錯誤(?)を繰り返した結果、再度たどり着いたのは、
ペットボトルのキャップ~♪
しかもおふらんすのお水『VOLVIC』のキャップ限定!これならカッターですこーし削るだけでOK。
そう、少し普通のキャップより薄いのです。
うれしいなうれしいな♪これで安心して撮影できるような気がする・・・。
じゅうえんだまのときよりフォーカスノブがスムースに動いてるしっ。
うれしいなうれしいな♪

しかし、連日わたしが自分の部屋でやっていることは完全にオタク入ってます。
ハウジングとにらめっこしながらポートを何回もつけたりはずしたり・・・。
こんなことによろこびを感じてしまう人間になってしまったのは、
ダイビングと水中写真のオカゲ(?)ですね。

今度は慌てたりしないように準備万端にしてるけれど、
正直ちょっとコワイんです。
ポートのなかに海水がチャッポ~ンを思い出してしまう~。

とにかく一本目ですね。慎重に慎重に。
そのダイブで事なきを得たら、我を忘れて遊ぶぞ~。
[PR]
by osakanadori | 2005-01-12 23:33 | 水中写真 |
2005年 01月 11日 |
奄美です。

冬の奄美。
風さえ吹かなければ倉崎ビーチの透視度は30mを超えます。
・・・超えますように。

いよいよテレコン進水。
昨日、メンテナンスをしました。
ポートとフォーカスギアがテレコンバージョンにピッタリというわけではないので、
ハウジングの中でレンズが少し、不安定。
ポートにあるフォーカスノブを動かすとレンズがグラグラ揺れます。
ゴムのシートををちょきちょき切ってノブの内側に貼ったり、
ウレタンシートを重ねてレンズの支えにしたりしましたが、どーも上手くいきません。

試行錯誤の末(?)10円玉を”ななまい”重ねて布テで巻いて、
それをレンズとポートの隙間に入れてみました。
「あら、ぴったり。しかもぶれない。」
あ、もちろん最初から”ななまい”入れたわけではありません。
10枚から始めて1枚ずつ減らしてこの枚数にたどりついたのですよ。

見た目は最高にかっこ悪いし(だって布テ・・・。まぁ中だから見えないしいいことにしよう。)、
ハウジングの中が十円玉くさくなりそうだし、そもそもそんなものをハウジングの中に入れて
海に入っていいのかもわからないけれど、この際仕方ない。
ここにたどり着くまでに長ーい時間かかり疲れてしまって、妥協。

で、結果”じゅうえんだまななまい”
う~む。誰か~わたしにアイデアを~。

疲れたといっても、実は楽しかったメンテの時間。
カメラを持って海に入れることがただ嬉しいです。
楽しんでくるよっ。
[PR]
by osakanadori | 2005-01-11 22:29 | 水中写真 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon