AX
おさかな撮り~水中写真ログ~
osakanalog.exblog.jp
Top
■ カンザシ
2006年 02月 25日 |
ニシキカンザシヤドカリはサンゴの穴に棲んでいます。
ひょっこりと顔とハサミを出して外の世界を覗いています。
窓辺に手を乗せて外見てるみたいでかわいいな。
あと、写真で気づいたのは触覚の美しさです。きらきらしてる。
c0064907_21571678.jpg


先日東京へ行った時、ちょっと足を伸ばして千葉県立中央博物館 海の分館へ行ってきました。
現在甲殻類の分類学では若手№1の奥野先生のヤドカリ講座を聞きにいったのです。
たっくさんのおもしろい勉強ができましたよ!
オスとメスの見分け方とかエビやカニなど他の十脚目との一番の違いなど、
知らないことばっかりでヘェヘェヘェでした^^

ヤドカリの写真の撮り方を聞いたのですが、種の判別をする場合、
眼とハサミの色、模様、形が写っていることが、分類の写真として重要だそうです。
あ、もちろん正確な分類となると、標本をとって顕微鏡レベルのお話になります。

長い触角を持つヤドカリ。
触覚を含めてしまうと、重要な部分が小さくなってしまってダメなんだね。

触覚キレイなのになぁ。

<撮影日:2006年1月8日 撮影地:奄美大島 ニシキカンザシヤドカリ 出てる部分約1cm>
[PR]
by osakanadori | 2006-02-25 23:04 | 水中写真 |
<< 二つ星はど~こだ ページトップ プレゼント >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon